最新エルメス [2017]750ml シャペル・シャンベルタン クロード・デュガ-赤ワイン

最新エルメス [2017]750ml シャペル・シャンベルタン クロード・デュガ-赤ワイン


グリオットの畑ほどは狭くないが、非常に狭い畑から造られるワイン。畑はグリオットのすぐ北側に位置し、ワインのタイプもグリオットに似た感じに仕上がります。

■テクニカル情報■ 産地:コート・ド・ニュイ地区AOCシャペル・シャンベルタン・グラン・クリュ 品種:ピノ・ノワール100% 畑:オン・ジェモー 樹齢:60年以上 醸造:新樽率100%で18カ月熟成

★パーカーポイント92-95点 RobertParker.com #Interim 2019年1月5日
2017年のシャペル・シャンベルタンは、シャルムよりも奥行きとダークな深みを持ち、カシスやダークチョコレート、プラム、豊かなローム土壌のアロマが香る。味わいはミディアム~フルボディで、ヴェルヴェットのように口当たり柔らかだがしっかりと引き締まった輪郭を持ち、チョーキーで骨格の良いタンニンとピリリとした酸を湛え、旨味のある後味が長い余韻を生む。ブドウは、レ・ジェモーの自社畑から収穫しているが、この畑はシャペルよりも骨格の良いワインを生むことで知られるセシル・トランブレーの畑に隣接している。

★バーグハウンド91-94点 BurgHound.com #73 2019年1月10日(飲み頃:2034年+)
抑制の効いた極めて涼やかなアロマで、次第にスパイスを塗したプラムや掘り起こしたばかりの大地の香り、仄かなブラックベリーの奥深いニュアンスが非常にゆっくりと徐々に姿を露わにしてゆく。ミネラル香を帯びた美しく艶やかで濃厚な味わいで、壮大なスケールを感じさせる。筋骨隆々とした男性らしいスタイルが引き立ち、しっかりと引き締まったストラクチャーと若々しい収斂性を兼ね備えた素晴らしく余韻の長い後味が広がる。アン・ジェモーの畑で収穫された実にクラシックなシャペル。

★ヴィノス93-95点 Vinous.com 2019年1月 (飲み頃:2023~2045年)
2017年のシャペル・シャンベルタン・グラン・クリュは、鬱蒼とした内向的な熟成香を持つワインで、シャルム・シャンベルタンに比べるとやや力強い馬力が感じられ、果実味はもう少しダークな印象を受ける。美しくバランスのとれた味わいで、新樽の香りが果実味にしっかりと吸収されスタイリッシュに仕上がっている。終盤に向かうにつれて、極めて重厚で筋骨隆々とした味わいが感じられるが、エレガンスと静謐なバランスを終始一貫して保っている。もう数年間寝かせてから開けたいワインだが、このワインは恐らくデュガのグラン・クリュの中で最も寿命の長いワインとなるかもしれず、既にそのようなポテンシャルを示している。

■2017ヴィンテージ情報■
 (バーグハウンド誌 #73号 2019年1月10日掲載記事より)
【ベルトラン・デュガより】:「2017年は、芳醇なワインが作られた豊かなヴィンテージとなった。ブドウの生育期の始まりは早く良好だったが、常に2016年のような春の霜害の恐れが付きまとった。4月下旬の気温は冷害を懸念させるまでに急落したものの、この年は湿気が少なく、外気が氷結するに至らなかったため、それ以上の災害は免れることが出来た。その後は温暖な気候に恵まれ、病害によるストレスもさほど受けなかった。収穫は9月3日より開始し、非常に綺麗な状態の果実を収穫することが出来た。熟成具合も程よく、潜在アルコール度数は12~12.5%ほどに収まった。ワインに関して言えば、爽やかで鮮やかな味わいで、酒齢の若いうちから楽しめるスタイルに仕上がった。2017年はグレート・ヴィンテージ、なかなか良質なクオリティを持つクラシックなヴィンテージで、ワインの仕上がりにはとても満足している。」

最新エルメス [2017]750ml シャペル・シャンベルタン クロード・デュガ-赤ワイン

はじめて資格更新される方にもわかりやすく更新のお手続き方法をご案内します。

最新エルメス [2017]750ml シャペル・シャンベルタン クロード・デュガ-赤ワイン

Boot-Leg Blues#Nine BLN-1.0《エフェクター/オーバードライブ》【ESPステッカー付き】【送料無料】【smtb-u】【ONLINE STORE】